6/3 FISHING REPORT 旭川

2015.06.15 Monday
Place : Chubetsu River, Hokkaido Asahikawa area
Temp : 10-22℃

5月から6月にかけて、旭川を中心としたエリアへも度々遠征。
北海道でも有数な河川の数々を車で巡りました。
メインのターゲットはニジマス。

千歳エリアとは一味違ったニジマスの魚影が濃い川で、
ネイティブトラウトのファイ
トを大いに楽しむことができました。


1.JPG

忠別川のとあるポイントにてライズを発見。
東京から合流した清水が毛バリを投げ入
れると、
激しく水面が割れ魚が反応。


2.JPG

見事に合わせをきめると魚はいきなり走り出し、
竿がぐんぐんしなります。


3.JPG

ニジマスらしく素晴しい暴れっぷり。
思わず笑みがこぼれます。


4.JPG

釣り上げたのは、体高がとても高く、
まるまるとしたグラマーなニジマス。

竿はもちろん「SOUTH2 WEST8」×「SAKURA」金剛。
長さは3.6M。しなやかで強いその魅
力をいかんなく発揮していました。


5.JPG

オリジナルTENKARA RODは在庫が少なくなってきております。
特に3.3mは売り切れ間近、是非お早めにお問い合わせ下さい。

SOUTH2 WEST8
011-280-7577
shop@south2west8.com


6.JPG

「SOUTH2 WEST8」×「SAKURA」TENKARA ROD "KONGO"

価格:
3.3m GREEN   36,000円+税(Sold Out)
3.3m BLACK   36,000円+税(Sold Out)
3.6m GREEN   39,000円+税
3.6m BLACK   39,000円+税
| 18:54 | tenkarabike | FISHING REPORT |

5/14 FISHING REPORT 苫小牧

2015.05.31 Sunday
Place : Hokkaido Tomakomai area
Temp : 18℃
Reported by Kento Miura

3.JPG

今年の五月は例年にない暖かさ。日中は20℃を超える日も多くなり、
川にはシーズンを待ちわびた多くの釣り人の姿が伺えます。

とはいえ、豊平川を中心に札幌近郊の河川はまだまだ雪代によって
釣りが出来るコンディションではない様子。
東京からスタッフが来訪した今回は、
雪代の影響がない苫小牧エリアへ足を伸ばしました。

1.JPG


11.JPG

まずは新規開拓の川へと足を伸ばすため、
山林の奥へと車で移動しました。
初めての景色が次々と現れ、徐々に期待が膨らみます。
森林のトンネルを抜けて、ついた先は
予想していた通りの素晴らしい川。

蛇行を繰り返し、好ポイントがいくつもあり、
深みのある場所には大物が潜んでいる気配も。

入念に仕掛けを作り、各々竿を流し始めました。
いつヒットしてもおかしくない絶好のポイントへ
繰り返し竿を投げてみるものの反応はなし。

その後もライズは見当たらず、結局残念ながら
この初めての川での釣果はなし。
最盛期に再訪することを心に誓い、
別の川へ移動する事にしました。

5.JPG

この選択が的中し、移動した川では皆立て続けにヒット。
今回が初テンカラだったスタッフも真新しい金剛で
見事ニジマスを釣り上げ、テンカラを存分に楽しんでくれました。

6.JPG

2.JPG

14.JPG

9.JPG

4.JPG

7.JPG

12.JPG

13.JPG

6月はいよいよテンカラ最盛期。
楽しみな季節がやってきます。


「SOUTH2 WEST8」×「SAKURA」TENKARA ROD 好評発売中

IMG_9408.JPG

 
| 11:17 | tenkarabike | FISHING REPORT |

4/9 FISHING REPORT 白老

2015.05.09 Saturday
Place : Hokkaido Tomakomai erea
Temp:14℃
Reported by Kento Miura


気温も上がり、北海道でも毛バリに魚が
反応してくるようになってきました。

水温の高い川では、ニジマスやヤマメが活発に毛バリを咥え、
パシャッと水を叩く音と同時に水中でキラリと反転する魚たち。
それを待つ緊張感が魅力です。

こうなるといよいよテンカラの季節。
苫小牧方面に足を伸ばした一ヶ月前の釣行でも、

仕上がった「SOUTH2 WEST8」オリジナルテンカラロッド、
"金剛" が活躍してくれました。


東京から撮影チームが久々に北海道入りし、
様々なロケーションを巡りながら、

数日間の釣行で一緒に竿の感触をチェック。
天候も良くちょうど魚の活性が上がった
日にぶつかり、
運良くテンカラでたくさんのニジマスや
ヤマメと出会うことができました。


メンバーによる実釣で一番に特徴的だったのは、
魚がかかったときの安定感。


テンカラシャツの胸ポケットに丁度良く収まる、
そのコンパクトさが魅力の
"金剛"ながら、
しっかりと芯を感じる安定感は評判通り。
魚とのやり取りも
余裕を持って行うことができます。
実際に尺超えのニジマスが相手でも
しっかりとした安定感で、
その実力を発揮してくれました。


そして、7:3の先調子が非常に振りやすく、
狙った場所に毛バリをピンポイントに
打ち込むことができます。
手に馴染むグリップも心地よい握り心地で、疲れることなく

長時間竿を振ることができるのも嬉しい。

クオリティの高さに、手作りの温かみと洗練されたデザイン性が加わり、
釣り師の誰もが愛着を持てるこだわりの一竿。素晴しい仕上がりです。

自分の流した毛バリを魚が咥え、その魚をかけたときの興奮。
それがテンカラの醍醐味。是非皆さんも味わって下さい。


IMG_8879.JPG

IMG_8881.JPG

IMG_8895.JPG

IMG_9658.JPG

IMG_9222.JPG

IMG_9625.JPG

IMG_9229.JPG

IMG_8984.JPG

IMG_9177.JPG

IMG_9681.JPG

IMG_9557.JPG


「SOUTH2 WEST8」×「SAKURA」TENKARA ROD 好評発売中

IMG_9404.JPG

 
| 10:28 | tenkarabike | FISHING REPORT |

3/30 FISHING REPORT 札幌

2015.04.16 Thursday

Place:Hokkaido Sapporo erea
Temp:12℃
Reported by Kento Miura

北海道最大の川、石狩川の支流として
札幌の中心部を流れる豊平川。


10月にはサケの遡上も見られ、
多くの種類の魚が生息しており、

ヤマメ、イワナ、ニジマスも釣れる河川として、
地元の釣人を魅了している。


大小様々な支流が混じり合い、支流の数だけ
橋や堰堤の数も多く、
そこには大物が潜んでいる可能性も高い。
本流には徐々に雪代が入り始めているが、

支流には影響はなさそうという事で、上流域の支流へ。

この日の気温は12℃と3月としては暖かく、
アップダウンの多い川辺を歩いていると体が汗ばむくらい。

5分ほど歩いて入渓ポイントに到着し、
ミャク釣りでポイントへと竿を流してみました。


すると開始早々から、強い引きとともに
元気なニジマスが顔を出してくれ、

その後も立て続けにヒット。
街から程近いポイントとは思えないほどの釣果。

虹色に輝く魚体の美しさにしばし見とれた。

次回は、オリジナル TENKARA ROD"KONGO"での
釣行をレポートします。


IMG_0802.JPG

IMG_0773.JPG

IMG_0808.JPG

IMG_0782.JPG

IMG_4335.JPG

IMG_0818.jpg

IMG_4323.JPG

IMG_4352.jpg

IMG_4354.jpg

IMG_0723.JPG

IMG_4356.jpg


「SOUTH2 WEST8」×「SAKURA」TENKARA ROD 好評発売中

IMG_9408.JPG



 
| 15:54 | tenkarabike | FISHING REPORT |

3/26 FISHING REPORT 神恵内

2015.04.14 Tuesday
3/26 Fishing Report

Place:Hokkaido Kamoenai area
Temp:8℃
Reported by Kento Miura


春の訪れとともに、晴天が続いた北海道。
地平線がくっきりと綺麗に現れた日本海を横目に、
札幌から車で約2時間の場所にある
神恵内(カモエナイ)村の川へ行きました。

「神恵内」はアイヌ語で「美しき神秘な沢」という意味。
その名の通り、到着したのは渓谷に囲まれた
素晴らしいロケーションの川です。
イワナとヤマメが釣れるこの川は、
上流へ行くにつれて落ち込みが何段にも連なり、
大きな石と深みを所々に確認ができる、これぞ”渓流”といった趣。

釣行は常に安全第一。水量も少し増えてるようなので、
足下を慎重に確認しながらゆっくりと
上流へと釣り上がりました。
まだ毛バリには反応はなく、餌を使ったミャク釣りに変更。
約3時間の釣行ながら、何匹ものイワナとヤマメが
姿を見せてくれました。


IMG_0711.JPG

IMG_0616.JPG

IMG_0705.JPG

IMG_0619.JPG

DSC00912.JPG

IMG_0634.JPG

IMG_0624.JPG

DSC00979.JPG

IMG_0644.JPG

IMG_0693.JPG

「SOUTH2 WEST8」×「SAKURA」TENKARA ROD 好評発売中

IMG_9404.JPG
 
| 13:32 | tenkarabike | FISHING REPORT |

3/20 FISHING REPORT 千歳

2015.03.27 Friday
20150319_705728-1.jpg

桜井釣漁具とのコラボレーションにて製作した
「SOUTH2 WEST8」オリジナル テンカラ竿は
店頭にて発売中です。

初回生産は、各20本の限定生産。
下記のお電話か、メイルにてお問い合わせ下さい。


SOUTH2 WEST8
011-280-7577

shop@south2west8.com

「SOUTH2 WEST8」×「SAKURA」TENKARA ROD "KONGO"

Place:Hokkaido Chitose area
Temp:6℃
Reported by Kento Miura

 
IMG_0497.JPG

このところ晴天が続き、春の兆しを一段と感じる北海道。
未開拓の場所や、川のコンディションが気になる毎日です。
釣行へ出掛けるペースも上がって来て、
ディレクターの永岡と顧客の方の三人で、
お気に
入りの千歳川の支流へ行きました。


IMG_0532.JPG

この日は、冬に入っていた場所よりさらに上流へ目指して車で移動。
雪解けが急ピッチで進み、沢の緑が生き生きとしはじめている様子。
空気が澄み渡り、森の爽やかな香りも
徐々に感じれるようになってきました。


IMG_0498.JPG

この日は冴えない曇り空。入渓してまもなく、
追い打ちのように小雨も降ってきました。

図らずも、新作のテンカラシャツが大活躍。
少々の雨の雫は、しっかりと弾いてくれ
ました。


IMG_0540.JPG

今回もミャク釣りで挑戦。
永岡が水深のある場所へと餌を流すと、
開始早々ヒットがきました。


IMG_0520.JPG

IMG_0519.JPG

赤い朱斑点がくっきりあらわれたブラウントラウト。
20cm程度のこの付近ではアベレージな大きさです。


DSC00851.JPG

私、三浦もブラウンがヒット。
この後も、同じくらいのサイズを立て続けにヒットし、
予想以上に楽しむ事ができま
した。
やはり冬とは比べ物にならないくらい活性が上がっています。
次回はテンカラ
を試してみようと思います。


IMG_0560.JPG

IMG_0557.JPG

夢中でやっていると、あっという間に時間が過ぎ、既に17時。
薄暗のなか、車へ戻る事に。
釣り下がりながら戻る途中でも気になるスポットへ

貪欲に竿を投げていると、最後に嬉しいアタリがありました。


IMG_0569.jpg

IMG_0567.JPG

全体に錆びて、斑紋がうっすら浮き出たヤマメ。
風情ある佇まいがとても印象的な一匹でした。


IMG_0526.JPG

足元を見ると、フキノトウも芽を出し始めていました。
 
| 18:47 | tenkarabike | FISHING REPORT |

3/9 FISHING REPORT 苫小牧

2015.03.13 Friday
Place:Hokkaido Tomakomai area
Temp:7℃
Reported by Kento Miura


3月に入って一気に気温も上がり、例年よりも雪解けが早い札幌。
実は雪が雨になっていく変わり目が一番厄介で、
道路に雪解け水が溜まり歩きづらいのが難点。

でも釣り人にとっては、川の回りの雪が解けてアプローチしやすくなり、
雪代が入る前の
春の釣りを楽しめるチャンスでもあります。


今回は友人と共に千歳エリアよりも
南西にあたる苫小牧の川に訪れました。


DSC00801-2.JPG

歩くこと5分ほどで最初の入渓ポイントに到着。
川幅は3mくらい、蛇行は少ないが縁にはそれなりに深さがあります。
樽前山から流れ出る温泉水が入り混じるため、
真冬でも水温が10℃以上という驚くほどの暖かさ。


今回も餌を使ったミャク釣り。
ポイントを見つけて早速竿を出し、川淵へとミミズを流してみる。

何度かキャストするとすぐに最初のヒットがきました。


IMG_0447.JPG

IMG_0446.JPG

あどけない顔をした可愛いニジマスですが、
くっきりとしたパーマークと特有の赤帯が綺麗な魚体。

すぐにリリースして上流のポイントへ。
徐々に川岸は高くなり、水深も深くなります。


IMG_0423.JPG

DSC00820.JPG

川幅はとても狭いのですが、流れが緩やかで
十分な水深のあるポイントを発見。

餌をミミズからブドウ虫へ変え、早速流れへ投入。
川の中央に沈んでいる大きな石の
下を流すと、
はっきりとしたアタリがきました。


IMG_0470.JPG

IMG_0468.JPG

かわいいサイズですが、
これもニジマスならではの黒点と虹色の光沢が綺麗な魚体。


IMG_0483.JPG

気付けば日も暮れて、あっという間の釣行終了となりました。
札幌から1時間圏内でも、まだまだ未開拓スポットがある事を
再確認できました。
気温の上昇に伴って、活性化しているのは確実。
これからがますます楽しみです。


次回は、桜井釣漁具とのコラボレーションによって制作された、
「SOUTH2 WEST8」×「SAKURA」TENKARA RODの
詳細についてレポートします。

 
| 14:57 | tenkarabike | FISHING REPORT |

2/25 FISHING REPORT 千歳

2015.02.26 Thursday
Place : Hokkaido Chitose area
Temp : 5℃
Reported by Kento Miura

2月もあっという間に後半。雪もだいぶ少なくなり、
埋もれていた草木が顔を出しはじめました。
これまで悪天候で思うように撮影できず、久々のリポートです。

虫の飛ばない冬の間は餌でのミャク釣りをメインに、
川幅の広い本流にも出掛けていました。
今回は、雪も溶けて川岸へアプローチ
しやすくなっている事を期待して、
まずは恵庭にある千歳川の支流へ行きました。


2.JPG

札幌から1時間以内で到着。
車道の横を流れているので車を停めてから
すぐに入渓できるポイントがいくつかあります。
川幅は3m程度。水深も浅めだが蛇行があり、
淵はそれなりに水深がありました。


3.JPG

湧水の川らしく、川のところどころでプクプクと
地底から水が湧き出ているのが見えます。
水温も9℃と暖かくコンディションもばっちりでした。


4.JPG

ディレクターの永岡はテンカラで毛鉤を
沈めて流し、様子を見ます。


5.JPG

19.JPG

三浦はミャク釣り。
淵に餌を流してみると、開始早々ヒット。
かわいいサイズですが綺麗なパーマークのヤマメ。
雪景色の中さっそく出会えたのは素直に嬉しいです。
この後、上流へ釣り上がりながらポイントを試すも反応が鈍く、
別の川へ移動することにました。

 
8.JPG
 
6.JPG

ほどなく到着した川は、何度も通っている千歳川の支流。
現場はご覧の雪景色なれど、ファットバイクがあれば
入渓ポイントを探すのも早いです。


11.JPG

この川は蛇行を繰り返し、流速も丁度良い。
餌釣りに切り替えて、絶好のポイントに
息を凝らして糸を流す永岡。


13..JPG

次の瞬間にヒット。ブラウントラウトを流れから引き上げました。
 
12.JPG

15..JPG

正午過ぎ、気温7℃と上がってきて、三浦の竿先にもアタリが出始める。
深みのある倒木の下は絶好のポイント。
餌を流すとすぐにアタリがきて、ブラウントラウトが釣れました。

16..JPG

夕まずめには残念ながら反応が無くなり、
川に後ろ髪を引かれながらこの日は終了。
春の訪れとともに、少しずつ北海道の魚も活発になってきています。
釣り方は自由自在。
この日は二人ともテンカラ竿を使ってミャク釣りを楽しみました。

製作中の「SOUTH2 WEST8」×「桜井釣漁具」テンカラ竿も、
いよいよ完成間近となっています。
大物にも対応できる強さとしなやかさを兼ね備えた逸品。
出来上がりが非常に楽しみです。

そして、テンカラ釣りの為に開発したファーストモデルの
テンカラシャツがついにリリースされました。
是非店頭でご覧下さい。

「SOUTH2 WEST8」TENKARA SHIRT ¥29,000-+税 SOLD OUT
WQ783B.jpg
WQ783B -7.jpg 
| 17:53 | tenkarabike | FISHING REPORT |

11/26 〜 28 TENKARA TOUR REPORT #3 千歳

2014.12.03 Wednesday
TENKARA TOUR in Hokkaido Chitose area / Day Three
11/28 気温7〜12℃
Reported by Kento Miura

東京チームの最終日。15時までの釣行。
早朝、札幌SOUTH2 WEST8を出発し
新しいポイントへ移動しました。
車を停めてファットバイクを走らせ上流を偵察。
こういう場では特にファットバイクが便利です。

しかし、地図で見るイメージと違って実際の川は水量が少なく、
周辺で釣りになりそうなポイントも見当たらず、
今日は昨日のポイントからさらに上流を目指す事にしました。




8時、フィールドアクセスと睨めっこしながら、
昨日釣ったポイントからさらに車を走らせ上流に到着。
そこで待っていたのは、想像した以上に素晴らしい景色です。
魚の潜んでいそうなポイントの多さにかえって皆慎重になり、
各々距離を置き、ひっそりとポイントへ近づいて竿を出します。


2PG のコピー.JPG

3 のコピー.JPG



さっそく代表の清水がイワナを釣りました。
テンカラ竿では釣り応え十分であろうナイスサイズ。
この川でイワナが釣れるのを見るのは初めてです。


4 のコピー.JPG

5 のコピー.JPG

6 のコピー.JPG

晴天のせいか朝のうちから気温が上がり風もなく、
冬にしては軽装で釣りやすい。
魚も少し活性しているせいか、
このサイズのブラウンは何匹もかかりました。


7 のコピー.JPG



9 のコピー.JPG

お客様より紹介して頂いたジャズミュージシャン宮沢昭さんのCD。
かっこいいジャケットです。
釣りを愛して曲名にも使用したテナーサックス奏者。
釣行中のドライブで楽しみました。
ありがとうございます。


A のコピー.jpg

途中バイクを駆使して釣り上がりながら、
ついに尺オーバーのブラウントラウトが。


10 のコピー.JPG

11 のコピー.jpg

12 のコピー.JPG

13 のコピー.JPG

14 のコピー.JPG

尾びれ近く背の部分にある脂ビレにも、
ブラウントラウトの特徴である綺麗な朱紋が見えます。


15 のコピー.JPG

リリース後、暫くは近くで休んでいるのを水中カメラで。

16 のコピー.JPG

ランチも取らずに夢中になって時計を見ると14時過ぎ。
腰掛ける事も無く4時間以上ぶっ通しで釣りに集中しました。
まだ飛行機の時間まで少しありましたが、
十分楽しめたという事で余裕を持って
今回のツアーも終了となりました。


17 のコピー.JPG

この日も一本の川でヤマメ、アメマス、ブラウントラウトと、
たくさんの種類の魚と出会うことができました。
北海道の自然の懐の深さを感じます。


18 のコピー.JPG

本格的な冬がやってきましたが、個人的には
雪道でのファットバイクもこれからのシーズンの楽しみの一つ。
雪上ではタイヤの空気を緩め、重力を分散させて走行します。
ファットバイクを駆使して、引き続き北海道ならではの
渓流釣りをご紹介していきたいと思います。

 
| 19:13 | tenkarabike | FISHING REPORT |

11/26 〜 28 TENKARA TOUR REPORT #2 札幌〜千歳

2014.12.03 Wednesday
TENKARA TOUR in Hokkaido Chitose area / Day Two
11/27 気温6〜11℃
Reported by Kento Miura

早朝、札幌SOUTH2 WEST8より厚別川へ。
さすがに朝は冷え込みます。
8時、一時間程で厚別川上流へ到着。
川の様子を窺いながら少し竿を出してみるも気配なく、
千歳方面へ移動。

11時、千歳東インターで高速を降り、千歳川の支流へ。
ニジマスが居そうな藻が生い茂る美しい川。
長い河原が続き、ファットバイクが機動力を存分に発揮。


1 のコピー.jpg

2.jpg

ネペンテス代表、清水の仕掛け巻きは珍しい大きさ。
市販の物が気に入らず、コルクを使って自分で制作したもの。
使っている毛鉤はほとんどがエルクヘア・カディス。
流す距離も時間も短いテンカラでは、
それほど毛鉤にこだわらないとのこと。


3 のコピー.JPG

4 のコピー.JPG

そしてファットバイクのサドルはBROOKS。
カラーもマットなオリーブにカスタムしてある。


5 のコピー.JPG

6 のコピー.JPG

残念ながら流れが緩く毛鉤を流せない。
丁寧に探ってみるもアタリ無し。
ただ、盛期には素晴らしいポイントになりそうなので、
来シーズンが楽しみな川。


7 のコピー.JPG

8 のコピー.JPG

カメラマンの鈴木新さんから教えてもらったナビゲーションアプリ、
「フィールドアクセス」が大活躍。
Googleマップとの併用で先行きの見えない悪路も自信を持って進めます。


A.JPG



14時、SOUTH2 WEST8チームが既に
何度も足を運んでいる千歳支流の川へ。
まさに日本の”渓流”といった素晴らしい渓相は、
見ているだけで癒されます。

林の中で細かい蛇行を繰り返し、
小さなポイントが無数に存在するテンカラには最適な川。
深い渕や、巻き込みのある落ち込み、
倒木なども多く大物もいる予感。


9.JPG

まずは水温チェック。温度はまずまずの9℃

10.JPG

オールブラックのフィッシングウェアは、来春より
「SOUTH2 WEST8」が提案する新しいフィッシングスタイルの一つ。
フィッシングジャケット、ベストに加えて、ウェーダーも制作中です。
是非、ご期待下さい。


11 のコピー.JPG

綺麗な朱班点が特徴のブラウントラウトが、
竿を出し程なくしてかかり始める。


12.JPG

13 のコピー.JPG

左右に良いポイントが繰り返すため徒渉
(川を渡ること)するのがはばかれる。
クリエイティブディレクター青柳は餌釣りに切り替え、
距離のある対岸を流す。


14.JPG

15.JPG

精悍な顔つきの山女魚(ヤマメ)。
ブラウントラウトだけではなく、
この日は手のひらサイズながらヤマメも多数ヒット。
釣った魚は全てその姿を観察させてもらった後すぐにリリース。


16 のコピー.JPG

17 のコピー.JPG

私、三浦はテンカラ初挑戦。
ディレクターの永岡に教わりながら初フィッシュを目指す。


18 のコピー.JPG

19.JPG

20.JPG

21 のコピー.JPG

そして、三浦にもヒットが。初の獲物はブラウントラウトでした。

22 のコピー.JPG

毛鉤の反応が無くなった頃、清水も餌釣りに切り替える。
ブラウントラウトがヒット。



使っている櫻井釣漁具さんのテンカラ竿「金剛」は、
仕舞い寸法(携帯サイズ)37cmという超小継ながら、
大ニジマスの引きに負けない竿力で、
餌釣りにも兼用できるのが魅力です。

櫻井釣漁具さんは120年の歴史を誇り、
今も東京で高級竿にこだわった生産を続けるメーカー。
「SOUTH2 WEST8」ではウェアに続いて櫻井釣漁具と
オリジナル竿の開発も企画中。
こちらもご期待下さい。

その後、日没となり竿仕舞い。撤収中、釣り人らしき車とすれ違う。
北海道ではまだたくさんの人が釣りを楽しんでいます。


23.jpg
| 14:30 | tenkarabike | FISHING REPORT |
top_mg

CALENDAR

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

NEW ENTRIES

CATEGORY

PROFILE

SOUTH2 WEST8
SAPPORO 2-1 SOUTH 2 WEST 8 CHUO-KU,
SAPPORO-SHI, HOKKAIDO 060-0062
7DAYS OPEN 12:00 - 20:00

サウスツーウエストエイト
〒060-0062 北海道札幌市中央区南2条西8丁目2-1
TEL 011-280-7577

商品のお問い合わせは、お電話、
又はe-mailにてお願い致します。
E-Mail shop@south2west8.com

ARCHIVES

LINKS